Pinky Heart

ブライス・コレクティブル・コスメなど *画像の無断使用禁止*

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーキングバービーの比較

日本製フェイスと違うフェイスの違いを比較してみました。
右のサイドポニーテールのトーキングが日本製フェイスで、左のネイプカールのトーキングは私が調べた範囲では香港製フェイスらしいのですが、間違っていたらごめんなさい(もしご存知の方がいらしたら教えて頂けるとありがたいです)。

talk3-1.jpg
肉眼だと一目瞭然なのですが、画像にすると違いがイマイチ分りにくいです。

まず顔色からして違います。
右のサイドポニーテールの子はややオークル系な肌色です。
それに対して左のネイプカールの子は肌色がなんと言うか酔っ払ってるようなやや赤黒い顔色なのです。
そして、メイクの色味も違います。
サイドポニーテールの子は焦げ茶の眉にローズレッドのチークとリップ。
対するネイプカールの子は眉も赤みの強い茶でチーク・リップ共に艶感のある朱赤。

そして、モッズバービーの特徴とも言えるまつげも
talk3-2.jpg
こんな感じ。
違いが分るでしょうか。
ネイプカールの子のまつげは真っ黒くまばらな束で植えられているのです。
そして日本製ヘッドだと、茶色いまつげがもっと細かく植毛されています。
これ近くで見ると随分印象違うのです。

同じモールドを使用しているはずだし同じ顔なのですが、並べると違うのです。
二卵性双子って言うか・・・。
やっぱり日本製の方が繊細な顔つき。
ネイプカールのトーキングが日本製フェイスだったらどんな感じだったのでしょう。

talk3-3.jpg
トーキングバービーはどちらもメキシコ製のボディ。
その為手足も作りが日本製とは違って荒いです。
この手は、上がトーキングバービーのメキシコボディで、下がツイストバービーの日本製のTNTボディ。
日本製は指が分かれてたりマニキュアも塗られてたりと丁寧な作りですが、メキシコ製は接合部分が見えたり指が思いっきりくっ付いてたりしてます。

こうして見比べると、日本製のバービーって昔の日本の職人さんの技が光ってるって感じがします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Profile

kana

Author:kana

Counter

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Blythe News

Created by Webpac

Recommend

Blog Link

Trackback People

Blog Pet

Poupee Girl

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Track word

track feed

ブログ内検索

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

nakanohito

HR


にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブロとも申請フォーム

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。