Pinky Heart

ブライス・コレクティブル・コスメなど *画像の無断使用禁止*

  • « 
  • 9 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーキングバービーの比較

日本製フェイスと違うフェイスの違いを比較してみました。
右のサイドポニーテールのトーキングが日本製フェイスで、左のネイプカールのトーキングは私が調べた範囲では香港製フェイスらしいのですが、間違っていたらごめんなさい(もしご存知の方がいらしたら教えて頂けるとありがたいです)。

talk3-1.jpg
肉眼だと一目瞭然なのですが、画像にすると違いがイマイチ分りにくいです。

まず顔色からして違います。
右のサイドポニーテールの子はややオークル系な肌色です。
それに対して左のネイプカールの子は肌色がなんと言うか酔っ払ってるようなやや赤黒い顔色なのです。
そして、メイクの色味も違います。
サイドポニーテールの子は焦げ茶の眉にローズレッドのチークとリップ。
対するネイプカールの子は眉も赤みの強い茶でチーク・リップ共に艶感のある朱赤。

そして、モッズバービーの特徴とも言えるまつげも
talk3-2.jpg
こんな感じ。
違いが分るでしょうか。
ネイプカールの子のまつげは真っ黒くまばらな束で植えられているのです。
そして日本製ヘッドだと、茶色いまつげがもっと細かく植毛されています。
これ近くで見ると随分印象違うのです。

同じモールドを使用しているはずだし同じ顔なのですが、並べると違うのです。
二卵性双子って言うか・・・。
やっぱり日本製の方が繊細な顔つき。
ネイプカールのトーキングが日本製フェイスだったらどんな感じだったのでしょう。

talk3-3.jpg
トーキングバービーはどちらもメキシコ製のボディ。
その為手足も作りが日本製とは違って荒いです。
この手は、上がトーキングバービーのメキシコボディで、下がツイストバービーの日本製のTNTボディ。
日本製は指が分かれてたりマニキュアも塗られてたりと丁寧な作りですが、メキシコ製は接合部分が見えたり指が思いっきりくっ付いてたりしてます。

こうして見比べると、日本製のバービーって昔の日本の職人さんの技が光ってるって感じがします。
スポンサーサイト

CWC限定プチブライス「スイートミルクベアー」

petit16-1.jpg
CWC限定プチブライス「スイートミルクベアー」。

petit16-2.jpg
白肌仕様で、パッツン前髪のサラツヤストレートのロング、髪色はピヨピヨメッセンジャーよりも更に薄いサーモンピンクでよく見るとホワイトも混じっている感じ。
そして紫目に白ピンクのリップ。

petit16-3.jpg

#1115 Talking Barbie Blond(1970)

talk2-1.jpg
■#1115 Talking Barbie Blond(1970) ■

トーキングバービーと言うとサイドポニーテールの子の方がメジャーかと思いますが、こちらのネイプカールの子もなかなか可愛いです。
でも実物を見てちょっと驚いたのが、顔の作りがうちにいる子達と違っていた事でした。
今まで我が家に来たモッズバービー達は日本製の顔なのですが、この子はモールドは同じでも肌の色やメイクやまつげが明らかに違うんです。
首のふちに製造国が書いてあるようなのですが、抜くのは恐いので確認出来ず。
でもとにかく日本以外の製造なのは間違いないでしょう。

talk2-2.jpg
この髪型がネイプカール。
うなじの辺りで束ねて、その先がクルリンとカールしてます。

talk2-3.jpg

#1115 Talking Barbie Blond(1968)

talk1-1.jpg
■ #1115 Talking Barbie Blond(1968) ■

サイドポニーテールのトーキングバービーです。
トーキングと言いつつトーキング機能が壊れているので無口な子。
ebay出身で、ヘッドは多分日本製。
日本製の可愛い顔立ちと綺麗な髪に惚れて思わずお迎えしましたが、 残念な事に両足とも外れてます。
トーキングのボディはメキシコ製で元々ジョイントが弱いらしいし、安かったから仕方ありません。
そのうちTNTボディを手に入れて付け替えようかと思いつつ未だ実行ならず。

talk1-2.jpg
首にはお花型の可愛いプルリングが付いていて、これを引っ張るとお喋りする仕掛けになってます。
ちょっぴり引っ張ってみたけど、何だかシュルシュル言うだけでした。

talk1-3.jpg
足は取れてるけどクリック&ホールドはちゃんと出来るので、ポーズをとらせてみました。
とりあえずリカちゃんのストレッチの利いたパンツをはかせてどうにか腰に繋げてます。

Barbie MOD outfit #1457

bvof4-1.jpg
#1457 City Sparkler(1970)
丁度今の初夏の時期にピッタリな色合いのアウトフィット。
メタリックグリーンの生地とシフォンとのコンビ素材のワンピースです。
名前の通り、メタリックグリーンが輝いてます。
シティでもこんなの着たら目立つ事請け合い(笑)
スカート部分は透けないように二重になっていて、細かい所にも気配りされてます。
でも、素材の組み合わせには気配りされてない・・・と言うか、デザイン重視。
これを着て腕を動かすと袖口がスカートに当たって擦れ、丁寧に扱わないと繊細なシフォンが擦り切れるんです。
うちに届いたのも擦り切れてます。
子供はそこまで気が回らないのではw

bvof4-2.jpg
ヴィンテージ期とかのアウトフィットって凄く凝っているので、本当に子供向けの商品だったのか不思議に思う時があります。
裕福層の子供向けで、すぐダメになっても気にしないご家庭向けだったのか?

bvof4-3.jpg
靴は色がピッタリなライムグリーンのピルグリムシューズ。
透け感が涼しげ。

#1160 TNT Blond Flip(1969)


■#1160 TNT Blond Flip(1969) ■

ダイヤ柄のニットスイムスーツは1969年仕様なので、この子も1969年生まれなのでしょう。

040920.jpg
同じ顔でも髪型が違うだけで全然雰囲気違います。
フリップヘアだと不二子ちゃんみたいで色っぽい。

MOD Barbie Booklet '69~72

Barbie Booklet
Barbie Booklet
Living BARBIE(1969)
28Page

リビングバービーデビューで力が入ってるんでしょうか、冒頭4ページは色々なポーズを取ったリビングバービーの写真がずらっと。
他のページは右側写真のように唐草模様(?)な枠で紹介されてて楽しい。
でもこの年から価格表示がなくなってちょっと残念。

Barbie Booklet
Barbie Booklet
Barbie Booklet
Living BARBIE and Living SKIPPER(1970)
36Page

これが最もページ数多いのかな?
アウトフィット紹介の写真も、ちょっとポーズつけてるってだけじゃなく躍動感のあるポージングが多かったです。

Barbie Booklet
Barbie Booklet
The Lively World of Barbie(1971)
20Page

今までより1回り大きくなって結構横長サイズに。
ライブアクションやマリブバービーなど色々な種類が出た時期?
ここら辺はそれ程詳しくないのですが。
この時期のアウトフィットって割とHTF(ハードトゥーファインド)が多いですよね。
つくづくタイムマシーンが欲しいw

Barbie Booklet
Barbie Booklet
The Beautiful World of Barbie(1972)
16Page

クィックカールバービーが表紙。
まつげがペイントなのが寂しい。
アウトフィットも"BEST BUY FASHIONS"ばかりで型番のみの記載でアウトフィット名が記載されてないのが残念です。
手の込んだアウトフィットもあまり見受けられないし。
そろそろMOD期も終盤って感じでしょうか。

MODバービーのブックレット紹介もこれにて終了です。
ブックレットってアウトフィット集めとかに比べると地味(マニアック?)だけど、当時の雰囲気がうかがえるし、カタログとしても充分楽しめるし、結構集めやすいので楽しいです。
但し、ブックレットを見て更に色々な物が欲しくなっちゃうのが難点でしょうか(笑)

MOD Barbie Booklet ’66~68

モッズ期のバービーのブックレットを紹介したいと思います。
ブックレットとは当時の人形やアウトフィットセットなどについていた商品カタログの小冊子の事。

Barbie Booklet
Barbie Booklet
THE WORLD OF BARBIE FASHION
BY MATTEL BOOK 3 (1966)
12Page

この年からモッズバービーの時代になります。
ツイストバービーの発売は67年ですが、カタログにC.1966 Mattel, Inc,・・・の表示があるので、Bookletの年数表記もそれに準じて記載していきます。
ブックレットは全てイラストで書かれてます。
どのブックレットにもほぼ共通してますが、構成は、最初にBarbie・Casey・Francieなどドールの紹介、次にアウトフィット、そしてファッションパック・プレイセットやケースの紹介と続きます。
時代的な技術の問題?イラストにポチポチ小さいインクがついてたり、少しずれてたりと印刷があまり綺麗ではないのですが、それも味と思えば趣があります。
バービーのアウトフィットのモデルはおかっぱですが、アメリカンガール?
お値段も記載されてますが、タイムマシーンで当時のアメリカに行きたい!と思うお値段ですw

Barbie Booklet
Barbie Booklet
THE WORLD OF BARBIE FASHION
BOOK 2 (1967)
16Page

モデルもTNTに変わりMODな雰囲気。
アウトフィットの紹介はイラストだけど、プレイセットやケースは写真で紹介されてます。
ちなみに↑のBOOK3も持っているのですが、表紙イラストも同じで2の内容に新製品情報か何かがプラスされて24ページとなっています。

Barbie Booklet
Barbie Booklet
he World of Barbie Fashions
Book One (1968)
16Page

この年から全部写真に。
写真で見るバービー達も可愛くて良いです♪

Barbie Booklet
これは同じく1968年のブックレット「Barbie's World bright, swinging, now.」の1ページ。
表紙も紹介する物もだいたい同じなんだけど、ドールやアウトフィットの紹介を↑こんな感じでお花で区切っててとっても可愛いのです。

#1613 Dog N Duds (1964-65)

dogndods1.jpg
バービーのペット、Dog N Dudsです。
"Dog N Duds"としての発売はMOD期よりも前ですが、MOD期でもシアーズのギフトセット"Jamie, Furry friends"の中に入っていたのでMODバービーのペットとしてもありですよね。
体はフエルトをモコモコさせたような素材で、目・耳・舌もフエルト素材。
体の中に針金が入っているので色々なポーズを付けさせる事が出来るようです。

dogndods2.jpg
コンプリートで入手したのですが、リードやコートやペットフードなど付属のアクセサリーが色々とあります。
#944 Masqueradeや#1905 Ballet Lessonsなどバービーやスキッパーのアウトフィットとお揃いになるアクセもありますね。

dogndods3.jpg
あれこれコーディネートしたら怪しげにw

dogndods4.jpg
こちらはイヤーマフとコートと、冬の装いでお散歩中♪
バービーも赤のニットとブーツでお揃いコーデ。
犬にイヤーマフって必要なんでしょうか?(笑)

Profile

kana

Author:kana

Counter

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2005年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Blythe News

Created by Webpac

Recommend

Blog Link

Trackback People

Blog Pet

Poupee Girl

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Track word

track feed

ブログ内検索

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

nakanohito

HR


にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブロとも申請フォーム

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。